So-net無料ブログ作成

亀井氏は抗議の辞任=社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は11日、都内で記者団に対し、国民新党の亀井静香代表が金融・郵政改革担当相を辞任したことについて「郵政改革法案が先送りされたことに対する抗議の辞任だ。(民主党の)支持率が高いうちに早く選挙をやろうというのは民主主義の点から間違っている」と述べ、政府・民主党の対応を批判した。
 福島氏は、鳩山前政権が米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市辺野古と決めたことにも触れ「(連立相手との)約束をほごにするのは極めて問題だ」と強調。国民新党が連立政権にとどまったことに関しては「国民新党も、郵政法案を成立させないとなったら態度は違ってくるのではないか」と指摘した。 

「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
【サッカーW杯】エスコートキッズ、夢のピッチ(産経新聞)
<民主党>小林千代美議員が辞職表明 北教組事件で引責(毎日新聞)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)

キャスチングボート確保、民主分裂狙う みんな・渡辺氏(産経新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は6日、NHKの討論番組で、参院選の目標議席について「比例代表2けた、選挙区2けた当選を目指したい」と述べた。その上で「キャスチングボートを確保することが大事だ。キャスチングボートを確保すれば、民主党が打ち出していく悪法を全部はねつけられるし、民主党に亀裂が入る。アジェンダ(政策課題)の違う人たちと一緒にはできない」と強調した。民主党の参院での単独過半数を阻止して、同党を分裂に追い込む意気込みを示すとともに、参院選後に民主党と連立を組む可能性を否定したものだ。

【関連記事】
社民が小沢氏地元で“反乱” 連立離脱受け参院選独自候補
小沢氏との引き継ぎで枝野氏「遠からずご挨拶」
日本政局「さらに混乱」 北朝鮮の党機関紙
菅新首相誕生 ポスター張り替えどうしよう…
首相就任の夫に「ご愁傷様…」和製ヒラリー・菅夫人の素顔

雑記帳 鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
将軍の生活描いた浮世絵展、川崎で7日から(読売新聞)
高校女子バレー部顧問がひざげり、部員重傷(読売新聞)
柔道初段女子高生、ナイフ男の手つかみ説得一本(読売新聞)
天皇陛下 温家宝首相と会見(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。